スーパームーンの願い事体験談!べビ待ちと金運アップが叶った話

スーパームーンの願い事体験談!べビ待ちと金運アップが叶った話

30代女性 私は4年間、不妊で悩んでいました。

流産してしまったり、毎月「今回も妊娠しなかった…」と失望して…の繰り返しの中で、

赤ちゃんできることは偶然ではないんだ。簡単にはできない。与えられるものなのだ。

…と痛感する日々でした。

医学書を読み、検索をし、自分でできるありとあらゆる妊活をほとんど試していましたが、それでもなかなか赤ちゃんを授かることができませんでした。

そんなある日 ネット検索していたときに目にとまったのが「月」についての情報でした。

スーパームーン 願い事

私はそのときに 1年でいちばん月が大きくなる満月の日(スーパームーン)のことを知りました。

今までも「満月に願い事をすると叶う」話を聞いたことがあっても 月に向かって願い事などしたことがありませんでしたが、

この際ダメ元覚悟で、本気で月にお願いしてみよう!

…と思い、当時の陰暦1月15日がいつかを調べました。

満月は毎月ありますが、一番大きくて力がある満月が出るのが毎年陰暦の1月15日、だいたい陽歴の2月頃です。

スーパームーンの夜、私は外に出て満月を見ながら お願い事をしました。

今年中に妊娠・出産できますように。

心に思う、言葉にだして言ってみるなどでもいいですし、お願い事を紙に書くのも効果的だということです。

月に願い事をするときには細かい決まりごとは気にしすぎなくても大丈夫で、やることは「心から願う」…本当にこれだけです。

信じられないかもしれませんがすごく簡単な方法で、誰でもやる気があればできること。

つまり信じて行動する事で力が働いてくれる…ということらしいです。

スーパームーン 願い事

その甲斐があったのか・・・私は願った通りに1ヶ月後に妊娠して、年末には元気な赤ちゃんを出産することができました。

バッチリそのまま願い事が叶ったのですから、

なんとも不思議な体験だ!

…などと まるで他人事のように感じるほど驚きました。

長年の願い事が叶ったのは 満月(スーパームーン)の力が働いたから。

…と私は信じて疑いません。

 

スーパームーン 願い事

私は翌年の陰暦1月15日にも 満月を見ながら願い事をしました。

この時は真剣に金運アップをお願いして、この時も私は「叶う」と信じて疑いませんでした。

お財布を空っぽにして満月に向かって3回振ると効果がある…という話を知ったので その通りやってみました。

いわゆる「スーパームーンのお財布フリフリ」です。

金運をあげたいのは万人共通の願いですから、騙されたと思ってやってみると 変化があるかもしれませんよ。

スーパームーン 願い事

ちなみに私の場合はその翌月から目に見えた小さな変化がありました。

夫の会社の上司が突然転勤になり、夫が昇進して3割ほど昇給したのです。

あと、昔 友人に貸していて「なかなか戻ってこないな」と思っていたお金(15万円)が返ってきたり。

特別何でもない日に 周りがなぜか子供におこづかいをくれるとか。

ささいなことばかりですが、その後数ヶ月間の金運がプチ上昇したのを実感できました。

毎月満月はやって来ますが、私は1年に1回、陰暦1月15日にしかお願い事をしないと決めています。

満月(スーパームーン)は、いつも人の心を見つめてくれている気がしますし、神秘の力で人の心や環境を動かしてくれているのは間違いない!と思っています。

強い願い事がある方には 毎年陰暦の1月15日の満月の日(スーパームーン)に 誰でも簡単にできる「願い事を満月にお願いする」をやってみてほしいと思います。