睡眠関連摂食障害体験談!夜中に眠りこけ無意識でラーメンを食べる話


睡眠関連摂食障害体験談!夜中に眠りこけ無意識でラーメンを食べる話

睡眠関連摂食障害

30代女性 これは私が夜中に半分眠りながらカップラーメンを作って食べていた時のエピソードです。

私にはもともと睡眠障害があったのですが、無意識のうちに夜中にものを食べあさっていたことで体重の増加と気分の落ち込みが同時にひどくなってきました。

朝目覚めたら実家の冷蔵庫の中のものが空っぽになっていたり。お菓子の袋が室内に散乱していたり。

全く覚えがないのに やかんで湯を沸かしてカップラーメンを食べていた残骸が目立つようになりました。

睡眠関連摂食障害

 

私

いずれ治まるはず。一過性のものに違いない。

…としばらく放っておいたものの、治る傾向はまったくありませんでした。

半分眠りこけながらガスや水道を使ったりすることに危険を感じた私は精神科を受診したところ、まずは心理カウンセリングを勧められました。

そこで臨床心理士による心理カウンセリングを受け始めて、月に1~2回、1年間ほどカウンセリングルームに通い続けました。

睡眠関連摂食障害により脳が栄養を欲して食べ散らかしていたことが判明

睡眠関連摂食障害

精神科で私は睡眠関連摂食障害と診断されました。

その後に受けることになった心理カウンセリングでは、初めは私の生い立ちや親との関係を聞かれました。

私

なぜそんな質問をするんだろう?睡眠中の飲食に関係があるの?まあ治るのなら なんでもいいけど…だけどそれって摂食障害にどんな関係があるんだろう?

…と半信半疑な気分になりましたが、カウンセラーを信じて根気よく話し続けることにしました。

実は私は10年前から神経性食欲症を患っていて、拒食や過食を繰り返していました。

“夜中のカップラーメン事件”当時は拒食気味で、普段の食事といえば スープ類やプリンやゼリーのような流動食がメインで、重要な栄養はサプリで補っていたのです。

睡眠関連摂食障害

固形物を食べるのは真夜中の無意識中の食事だけ。

しかも私が体に悪そうだと決めつけていた食品ばかり狙って食べあさっていました。

例えばジャンクフードや炭水化物や油は極力摂らない…という異常な食生活が長くて、意識的に口にすることは絶対にありませんでした。

それなのに眠りこけながら無意識中に口にしていたものは お菓子やパン、しまいにはカップラーメンだったのです。

1
カウンセラー

摂食障害によって意識的に排除している栄養素や、本当は食べたくて仕方ない願望、足りていないカロリーを、頭ではなく身体が欲して、どうしようもなく治まらない状態だったのでしょう。

…とカウンセラーは分析しました。

1
カウンセラー

睡眠をとると体温が下がります。その状態で栄養が足りていない体を寝かせしまうと命の危険があると脳が判断して、無理に寝かせないような回路になっているんです。

睡眠関連摂食障害

睡眠が十分にとれないため、体は休みたいが脳が起きている状態で、さらに脳は栄養を欲していて

栄養やカロリーを補充するのは、意識が薄れている今だ!今しかない!!

…といった状況でむしゃむしゃ食べ散らかしてしまう…それはまるでもう一人 別の自分が出てきているような、そんなループにハマっていました。

睡眠関連摂食障害の治療は睡眠導入剤と心理カウンセリングに効果があった!

睡眠関連摂食障害

とどのつまり その治療は体の栄養状態を回復させることが有効なわけですが、摂食障害はそれがなかなか簡単にはいかない精神の病です。

そこでとりあえずは睡眠薬で物理的に脳を眠らせて 体を動かさなくすることから試してみることになりました。

睡眠薬には睡眠導入剤や、安定剤、長時間効く薬や短時間で切れる薬などさまざまな種類がありますが、私が最も飲んだのは睡眠導入剤です。

睡眠薬の類を飲むと無意識に徘徊してしまう副作用もあるので不安でしたが、数種類試してみて ようやく自分の身体と相性のいい薬に巡り合えたのが、心理カウンセリングを始めてから10か月後でした。

その薬は副作用もなく、依存性もほぼなく、私はグッスリと眠りにつくことができるようになり、夜中に起き出して食べ散らかしてしまう癖がパタッと治まりました。

ブクブク太り始めて増えた体重も落ち着き、パンパンな顔もスッキリし、睡眠がとれることで朝もすっきりと起きられて精神が落ち着きました。

それからは摂食障害自体が落ち着いてきて、だんだんと人並みの食事が摂れるようになりました。

睡眠関連摂食障害

摂食障害が心理カウンセリングで治せるなんて思っていなかったので驚きました。

というか、そもそも摂食障害は一生治らないものだと思い込んでいたのですが、そんなことはありませんでした。

心と体は連動しているのです。心をととのえれば体も正常に戻ることが実感できた出来事でした。

私の場合は信頼できるカウンセラーに悩みや不安を聞いてもらったことや 睡眠についてアドバイスしてもらったことで 人生が取り戻せました。

うららか相談室のオンラインカウンセリング【摂食障害】

カウンセリング