債務整理が弁護士辞任で二度手間になった話【弁護士選び失敗体験談】

【監修者】
オレンジ@終活ガイド

生前整理という名の断捨離にいそしみつつアラカンでの熟年離婚を画策中のおひとりさま予備軍女性がこのブログの中の人です。終活に活かすため終活ガイド1級とホームヘルパー2級を取得しています。
 
ここでは人生100年時代に備えた終活と生活のヒント、怖いけど知っておいた方がいい話、トラブル回避のハウツーなどを「事実は小説より奇なり」みんなの体験談を元に紹介していきます。
 
これは私が気になることを集めたスクラップブックブログですが、お役に立てる部分があれば幸いです。

債務整理が弁護士辞任で二度手間になった話【弁護士選び失敗体験談】

債務整理弁護士辞任

これは2017年7月に 私(30代男性)が1度弁護士選びに失敗してから 弁護士を変えて自己破産をした話です。

東日本大震災により取引先が被災して業績が悪化し、残業禁止令が出て基本給しか稼げない状況がしばらく続きました。5年間は頑張ったものの 結局勤務先が倒産。

倒産による失業が響いてクレジットカード利用額が増えてしまい、最終的に銀行からの一括返済請求が支払督促という形で届いたことにより 返済を諦めて自己破産を決意しました。

最初に依頼した弁護士が仕事をせずに辞任したことで 別の弁護士を手配しなければならない面倒な事態になりました。

東日本大震災による失業でカード破産

債務整理弁護士辞任

東日本大震災により勤務先の業績が大きく傾くことになったのは、取引先として宮城県と福島県が大きな比率を占めていたからです。

以前は月間残業時間が80時間に届くかどうかというほど忙しく、当時の手取り給与額が36万円に到達していたので クレジットカード3枚を使って利便性重視の買い物をしていました。

東日本大震災を契機として計画停電に伴う自宅待機が発生。さらに業務が動き出しても基本給22万円のみの支給。その後に残業禁止令が出て手取り給与額が17万円を切る事態となったことから、今までは何ともなかったクレジットカードの支払いが限界に達して 次第にリボ払い残高を積む結果となりした。

オリコ120万円  UFJ NICOS 100万円 三井住友カード100万円…という上記3つのクレジットカード利用限度額を使い切り、三菱UFJバンクイック100万円 みずほ銀行カードローン120万円…まで借り入れする事態に陥りました。

他にもプロミスに80万円借り入れを行っていたので、合計620万円もの借金返済額は毎月15万円に達していて 生活が既に破綻する状態に陥りました。

最初の弁護士は苦情を言ったら辞任して手続きを放棄された

債務整理弁護士辞任

みずほ銀行カードローンの一括返済請求が支払督促により届いたことで、自己破産を申請するために「債務整理に強い」とネット検索した弁護士法人へ依頼することにしました。

自己破産を行うための費用として25万円を分割払いで先に弁護士へ支払うように言われたので、アルバイトを行い 半年かけて支払いました。

しかし、すぐに自己破産申立を行えるわけではなく 必要書類の準備はこれからという状態となり、苦情を言ったところ「辞任」という形で弁護士が自己破産申立手続きを放棄する事態に陥りました。

仕方なく東京都内のしっかりした弁護士法人に改めて債務整理を依頼しました。

弁護士を変えたら過払い金80万円が発覚して全額を弁護士費用に充当できた

債務整理弁護士辞任

次に依頼した弁護士は まず過去10年間全ての借り入れと返済状況から調べてくれました。

すると過払い金が発生していることが発覚し、過払い金請求できる所から債務整理を行う流れになりました。

過去に借り入れしていたスタッフィとGEコンシューマー・ファイナンスからの借り入れが過払いとなっているため、先に過払い金請求訴訟を行って借金額を圧縮することになりました。

また、オリコに関しては 過去のキャッシング分で過払いがあったので引き直し計算すると、過払い金80万円が発覚して120万円から40万円に債務額が減少しました。

過払い金請求で得た金額をそのまま弁護士費用に充てることができたわけです。

私

はじめから東京都内の債務整理に強い弁護士へ依頼していれば、先に支払った25万円も無駄にはならなかったのに…。

債務整理は弁護士であれば誰でもできるわけですが、私の例のような法律事務所も存在するので「債務整理」に特化した法律事務所を選ばないと、結果は雲泥の差かもしれません。

【債務整理の弁護士の選び方】依頼してはいけない弁護士の特徴

債務整理弁護士辞任

普段、弁護士に接する機会が多くない人は、知り合いの紹介、近隣に事務所がある等の理由で、弁護士を決めてしまう場合もあるかもしれません。しかし、後々トラブルに巻き込まれないためにも、「こんな弁護士には依頼してはいけない」というポイントを理解しておくことが大事です。次に、ポイントを3つ紹介します。

(1)専門が債務整理ではない
弁護士であれば、誰でも債務整理手続きを受任することができますので、債務整理が専門ではない弁護士が引き受けることもあります。特に、地方の場合、ひとつの弁護士事務所が、複数の分野の業務を受任しているケースも多いです。しかし、債務整理は債権者と直接交渉する必要がありますので、専門ではない弁護士に依頼してしまうと、思ったような結果を得られない可能性が高くなります。

(2)費用とスケジュールを示さない
実際に委任契約を締結するようなタイミングになっても、文書で弁護士費用とその説明、債務整理手続きのスケジュールをしっかり示さないような弁護士へは依頼すべきではありません。

(3)誰が担当弁護士なのか分からない
大手弁護士事務所等、複数の弁護士がいる場合、自分の担当をしっかりと決めないような事務所は選ぶべきではありません。また、初めに担当弁護士が決まったとしても、やりとりする度に担当が不在であったり、別の弁護士が出てくるような場合は、依頼後であっても正式に抗議するべきです。それでも改善しない場合は、解任を選択する必要があるかもしれません。
引用元:ベンチャーサポート法律事務所

アヴァンス法律事務所の債務整理

アヴァンスは債権者数1,2件でも対応します。減額報酬・初期費用0円 相談無料・全国対応 年中無休で、あなたの相談をお受けします。
 
アヴァンス・リーガルサービス・グループでは任意整理の際に減額報酬を頂いておりません。同じ条件でも減額報酬を取っていないため約10万円も安い報酬となります。さらに減額が多くなればなるほど報酬差が開きますし、場合によっては報酬差だけで1社分完済する場合もあります。
 
※減額報酬…出資法を根拠にした貸し出しに対し利息制限法による引き直し計算をした結果、過払いに至らず元本の減額にとどまった場合に、その減額分の一定割合の金額を報酬とするもの。

アヴァンスレディースの債務整理

■配偶者に借金があることを、知られずに解決したい。■生活費が不足して、これくらいならすぐ返せると思って借り入れた。■家族に勝手に消費者金融のカードを作られて、自分名義の借金ができた。■美容関係で高額なローンを組んだ。■高額な服や宝石などを購入し、支払い切れなくなった。誰にも言えないその悩み、私たちにご相談下さい。
 
アヴァンスレディースでは女性の悩みを話しやすい同性のスタッフが対応します。即日受任が可能で相談された日に受任し、受任通知を発送することも可能です。報酬金額が高額になりやすい減額報酬制度を取り入れおらず、初期費用が0円(受任前の一切の費用が不要です)

【related posts】

タグ

断捨離 不用品買取 生活トラブル エンディングノート 老後の財産管理 メンタル 介護 おひとりさま 終活 ゴミ屋敷 不良入居者 争族 相続放棄 孤独死 遺品整理体験談 行政 絶縁 認知症 遺品整理 ソーシャルワーカー 介護保険 弁護士 セルフネグレクト 供養 施設入所 地域包括支援センター 終末期 医療 心理学 没イチ 賃貸物件のトラブル エンディングノートの書き方 ノートおすすめ お墓 ひきこもり ブランド品買取 空き家・空き地 看取り 葬儀 実家の相続 借金地獄 負動産 ゴミ屋敷清掃 無縁社会 死生観 デジタル終活 遺品整理業者 孤立死 相続地獄 特殊清掃 墓守り デジタル遺品 手元供養 ペット終活 成年後見人 事故物件 在宅医療 毒親 仕事 生前整理 損害賠償 警察 発達障害 遺言書 事件 延命治療 8050問題 救急車 生活保護 遺品整理業者トラブル 司法書士 バイセル 見守りカメラのすすめ 口座凍結 着物買取 ゴミトラブル リビングウイル お焚き上げ 平穏死 保証人 限界家族 債務整理 調停 手元供養カビ 墓じまい 特定空き家 機能不全家族 多重債務 映画 音楽系買取 公正証書 ワンオペ 昭和クロニクル 孤高死 行政書士 相続税 自己破産 家じまい PCソフト サイコパス うつ病 アドラー心理学 ペット信託 ベストバイ 土地の境界線 ためこみ症 海洋散骨 mci sns 一身専属 家出 ザ ゴールド 車両系買取 フリマアプリ 福ちゃん 死後離婚 哲学 形見分け スピリチュアル 相続人調査 遺留分 ノンフィクション 副業 大島てる コメ兵 ソウルジュエリー 介護休暇 アスペルガー症候群 自閉症スペクトラム(ASD) 離婚 2025年問題 送骨 火災保険 アルコール依存症 騒音トラブル 骨董品買取 健康 人生会議 みまもりキューブ 遠距離介護 自死 ミッシングワーカー 限定承認 7040問題 親のエンディングノート 多重介護 冤罪事件 ギャンブル依存症 不安障害 適応障害 双極性障害(躁鬱) 脳科学 盗難 時効 国民年金 相続人排除 奨学金 相続分の放棄 ブランディア 買取プレミアム 介護うつ 行政代執行 ハンコ代 2022問題 ドキュメンタリー ネグレクト ペット葬儀