エンディングノートのおすすめ!終活ガイドが厳選した有料版12冊

 ベーシックで使い勝手の良いエンディングノートのおすすめ 4選

コクヨ エンディングノート もしもの時に役立つノート

LIVING & ENDING 自分の大切な情報を1冊にまとめておけます。入院時や相続時など、さまざまな「もしもの時」に役立ち、日常生活の中でも備忘録として活用できます。
 
発売から1年で15万部を売り上げた伝説を持つ大ベストセラーでありロングセラーのエンディングノート。

一番わかりやすい エンディングノート

3,000人の終活セミナー受講者の声をもとに作られた、初めてでもスラスラ書ける 「一番わかりやすい」エンディングノート。順番に書き込むだけで終活が完成し「もしも」のときに安心です。
 
暗証番号など重要情報を保護する「マル秘カード」と「スクラッチシール」付き。40年ぶりの法改正にも対応

暗証番号保護シール付き! もしものとき、身近な人が困らないエンディングノート

「もしものとき」に備えて、さまざまな連絡事項を記載できるノート。銀行口座や加入している保険はもちろん、オンライン口座や画像・動画、SNSアカウントなどの「デジタル遺品」まで、残された人が必要となる情報をすべて記入できます。また相続のトラブルを実例でわかりやすく解説するほか、法的に有効な「自筆遺言書キット」や、大切な暗証番号を隠すことができる「暗証番号保護シール」付属。

未来に向けてスッキリ整理する! 新エンディングノート

未来に向けて過去をスッキリ整理し、延命措置や葬儀の要望などをまとめる終活用の書き込み式「新エンディングノート」オンライン参列、デジタル遺品の整理など新型コロナ後の新しい常識をふまえつつ自分の理想を紙面に書き込むだけで、過去をスッキリ整理できます。

【親世代・高齢者向き】親子で作るエンディングノートのおすすめ 6選

私の生き方連絡ノート

このノートは自分が望む終末期についての希望を書いておくものです。急な病気や事故で自分で意思表示ができなくなった時、家族や周囲の人が困惑せずに、あなたの意思を尊重した医療を選んでもらうためには、医療のためのエンディングノート(事前指示書)を準備しておくことが大切です。自分で意思表示ができる場合でも、自分の考えを改めて見直すことで、落ち着いて治療を選択することができるでしょう。

書き込み式! 親の入院・介護・亡くなった時に備えておく情報ノート

親が元気なうちに、必要な情報を集めておける「書き込み式」ノートです。書き込み式といっても、ただ空欄だらけのノートではありません。集めておきたい情報を厳選し、「その情報が、どういう時に、なぜ必要か」をポイント解説しています。

親子でつくるエンディングノート

従来のエンディングノートは、"もしものとき"=自分の死を想定して本人が書くものでした。それは遺言書に比べれば少しは敷居が低いとはいえ、書くには、やはりある種の覚悟が必要です。
しかし子が親の話を聞きながらノートをつくることができれば、それは新しいコミュニケーションの機会となり、親にとっても子にとってもかけがえのない時間となります。

親ブック

『親ブック』は、親の日常生活や趣味・こだわりなどを書き込むノートです。「くらし」「自分史」「旅行」「食」「カルチャー」「ワードロープ」と6つのカテゴリーに分かれており、例えば、親の青春時代、結婚、旅行のエピソードなど写真を貼りつけながら親と一緒にアルバム制作ができます。エンディングノートのような資産などの情報は書かないため、介護スタッフに見せて親のことを知ってもらうツールとして役立てることもできます。親子のコミュニケーションを深め、介護の備えの一つとして。

最期の望みをかなえるリビングウイルノート(日本尊厳死協会)

自分の人生の最期を、どこで、どのようにして迎えたいのか・・・元気なうちから記しておきましょう。この1冊で後悔しないエンディングがイメージ出来ます。自らの「いのちの遺言状」を、大切なご家族のために。
 
私の望む「痛くない死に方」がここにあります。倉本聰、小泉純一郎、近藤正臣ほか名言が満載。もしもの時にどうすれば?「人生会議(ACP)」と「生前整理」をこの一冊で!従来のエンディングノートより医療情報が充実。字が大きくて便利。

看取り医がつくった人生を大切に過ごすためのエンディングノート

人生の終末期を見据え、残された家族や知人、友人に伝え残しておきたい事柄を書き込むエンディングノートを、さまざまな看取りの現場を経験してきた熟練の看取り医が監修しました。葬儀や資産など、多くのエンディングノートでも重視されている項目はもちろん残しながらも、本書は終末医療に対するご本人のご希望や、意思表示をすることの意味を大切にしたいという想いで作りました。

財前直見さんの手書きで作る唯一無二のエンディングノート

財前直見のありがとうファイル

財前直見さんのありがとうファイル

ありがとうファイル(財前直見)

用意するのはA4サイズのクリアファイルだけ。女優として活躍するかたわら、暮らしをよりよく楽しむことにも 並々ならぬ情熱を持つ財前直見。彼女が家族の一員として、また一児の母としての経験と思いをもとに、作り上げたのが「ありがとうファイル」と名付けた、とにかく便利で頼りになる手作りファイル。家族の今を見つめ直し、『安心』と『夢』をくれるファイルです。

暗証番号を手書きで記録しておくひみつのパスワードノート

ひみつの答えのパスワードノート

パスワード何だっけを防げるひみつの答えのパスワードノート。自分にしかわからない答えで、パスワードを楽しく管理できるアイデア。文字を大きくかけ裏写りしない厚手の上質な紙を使用。
 
サイズはB6。100サイト記入可能。目次に便利なインデックスシール付き。水濡れや汚れを防ぐ。透明のビニールカバー付。カラーはオレンジとネイビーの2色あり。

六角暗号記帳【パスワードノート】

アナログノートだから、パスワードは書くだけ、又はカモフラージュや生成もできる仕組みになっています。使い方冊子付。A5サイズ、72アカウント管理
 
大きさはマウスパット位です。手帳サイズが良い方は 別シリーズ「ORD」があります。

 

【デジタルエンディングノート】PCソフトでスムーズな情報共有を実現

【ダウンロード版】はじめてのエンディングノート2

各項目に入力していくだけで、重要な事柄のヌケモレがなく、簡単にエンディングノートを作成できるソフトです。デジタル遺品・資産分野の専門家 古田雄介氏監修 

はじめてのエンディングノート2を使ってみた!PCソフトがおすすめ
PCソフト『はじめてのエンディングノート2』のレビュー。の操作は簡単?どんな機能がついてる?もしもの時に家族は開ける?