孤独死防止対策に高齢者見守りカメラやアプリサービスがおすすめ!

おひとりさま孤独死最期まで在宅
【監修者】
オレンジ@終活ガイド

生前整理(身辺整理)という名の断捨離にいそしみつつ、アラカンでの熟年離婚を画策中のおひとりさま予備軍・関東在住50代女性が「オレンジログ」の中の人です。終活に活かすために終活ガイドとホームヘルパー資格を取得しました。

このブログでは人生100年時代に備えた使える生活&終活のお役立ち情報を紹介しながら、最期まで在宅で過ごしたいおひとりさまの痛くない死に方を模索していこうと思っています。

孤独死防止対策に高齢者見守りカメラやアプリサービスがおすすめ!

孤独死対策サービス

孤独死の対策のもっとも有効な手段は「見守り」です。

若い世代ならSNSなどを利用して人とつながることが多いため よほど引きこもっている状態でない限り 見守りが必須ではないかもしれません。

しかし高齢者の安否確認は見守りサービスを積極的に利用するのがいちばん確実であると思います。

孤独死対策サービス
引用元:親が認知症!?離れて暮らす親の介護・見守り・お金のこと

最近は民間の見守りサービスやボランティアサービスなどもたくさんあるので、親や自分にもっとも合うシステムを自由に選べる便利な時代になりました。

自立度が高い高齢者なら 家電を利用すると子どもにアプリやメールで通知がいく見守りサービスを使えば、お互いに気を使ったりするわずらわしさがありません。

たとえば親の体調が心配なら、血中酸素を測定して通知してくれる見守りサービスもありますし、認知症が心配なら、認知機能の低下を早期に気づくための支援をしてくれる見守りシステムもあります。

実に様々な機能がありますが、相手をどれだけ深く見守れるかはサービスによりまちまちです。

孤独死対策サービス

それほどの不安がなければ簡単な安否確認レベルの見守りサービスを。不安が大きいのなら「人の目」による見守りサービスの利用する、あるいは家族が自ら様子を見に行くなどの方法を組み合わせることで、孤独死を防ぐ手段を講じられます。

介護保険サービスはとてもありがたいものではあるのですが、民間の訪問型見守りサービスと比べると、提供できないサービスがかなりありますが、

混合介護で家族の負担を減らせ!ヘルパーにできることは少なすぎる!
介護保険のホームヘルパーにできることは?買い物や通院の付き添いはできる?こんな質問にお答えします。介護保険のヘルパーは家政婦ではありません。やることに制限があるため出来ないことも多いです。ここでは家族の介護負担を減らす方法を紹介します。

民間見守りサービスの場合は夜間にも対応しているところが多いので、利用するメリットも大きいです。

孤独死対策のボランティア系サービス

孤独死対策サービス

孤独死の問題は今や大きな社会問題のひとつになっているため、自治体や民間業者で孤独死防止の取り組みがいろいろと始まっています。

また、自分自身の心がけ次第で孤独死を予防したり、万一そうなってしまっても早期に発見してもらうことも可能でしょう。

孤独死対策サービス

友人関係の見守り

おひとりさまが孤独死を回避する一番良い方法は、友人関係を大切にすることでしょう。

両親が亡くなっている、子どももいない…といった人なら、頼りになるのは友人です。

仲の良い友人もおひとりさまで血縁者が少ない人なら、お互いにフォローし合えば孤独死を防ぎつつ、悩みを共有することもできます。

ただ、これもその人の性格にもよりケースバイケースです。

「一人の方が気楽でいい」と思っている人が 友人を増やさなくちゃ!などと思うのは本末転倒、ちょっと無理がありますよね。

人間関係が少ないなら少ないで、そのままでもいいんです。別の相応の対策を考えていけばいいだけのこと。あまり神経質に考える必要はありません。

近所づきあいの見守り

孤独死対策サービス

近所づきあいを面倒がらずにやることも孤独死の防止には有効です。

普段から挨拶を交わし、コミュニケーションをとっていれば、少し姿が見えなくなった時に 近所の人が心配してきてくれることもあるでしょう。

もっとも身近にいる隣人が、意外と心強い存在になりうるかもしれません。

民生委員の見守り

地域の民生委員は生活支援や福祉などで相談に乗ってくれる、もっとも頼れる存在の一人です。

民生委員は全国に約23万人いる特別職の地方公務員で、孤独死防止対策に乗り出している多くの自治体が 民生委員による単身者家庭の定期訪問を実施しています。

民間の高齢者見守りサービス

高齢者見守りサービス

日本郵政のみまもり訪問サービス

日本郵政は、月1回郵便局員が家庭を訪問するみまもり訪問サービスを提供しています。

30分くらい見守り対象者と面談しますが、その様子を見守りを依頼した親族などにメールか郵便で報告します。

ダスキンライフケアの見守りサービス

ダスキンでは家族と交代で見守りを行うサービスを提供しています。

掃除などの家事代行や付き添い、夜間の見守りもやってくれます。

東京ガスのくらし見守りサービス

東京ガスの見守りサービスは、ドアや冷蔵庫などに開け閉め確認センサーを取り付けます。

見守り対象者による扉の開閉を感知して、見守り依頼者にスマホアプリで連絡をします。

高齢者見守り家電…象印マホービンのみまもりホットライン i-Pot

高齢者見守りサービス

象印マホービンのみまもりホットライン i-Potは、電気や水の使用で安否を判断するシステムです。

これは無線通信機を内蔵した電気ポットを使い、離れて暮らす子どもや友人がポットの使用状況を見て安否確認します。

見守る人にメールで通知するほかに、パソコンやスマホで1週間の使用データを確認することもできます。

高齢者見守りカメラのおすすめ!ネット環境なしでOK【みまもりCUBE】

高齢者見守りサービス

みまもりCUBEは見守りカメラにSIMカードが内蔵されています。

高齢者宅にはネット環境がないことが多いためWEBカメラより手軽で、コンセントを差せば使えるシンプルさが人気です。

高齢者見守りサービス

ペットや高齢者の見守りのほかに、防犯対策にも使えて便利なカメラです。

介護保険適用モデルもあります

高齢者見守りアプリ…iPhone Hachi(ハチ)家族のつながり見守りサービス

高齢者見守りサービス

家族のつながり見守りサービスHachi は 見守りたい高齢者に毎日apple watch アップルウォッチを付けてもらうだけで、相手の健康状態がわかる見守りシステムです。

アップルウォッチと連動したスマホなどの端末に1日2回メールが届きます。

※お知らせメール機能はiphone android ガラケーにも対応していますが、アプリは2021年現在、iOSのみ対応です。

高齢者見守りサービス

高齢者見守りサービス

アップルウォッチが最新バージョンであれば、装着しているだけで血中酸素を自動測定しますので、健康状態もつぶさに観察できます。

また、ウォッチに指を乗せると見守り側にSOSを発信することができます。

見守る側からビデオ通話をコールすることや、自宅をホームエリアに指定することで外出や帰宅の状況のお知らせも受けられます。

アプリは簡単!見守り家電では健康状態までわからないけれど これなら安心!

介護保険等の公的サービスでは対応できない介護・家事・生活支援に困ったに対応
民間企業HPの記載内容は予告なく変更されることがあります。サービスご利用時には事前に最新情報をご確認ください。
オレンジログ