パニック障害の相談おすすめサービス


 パニック障害とは?

パニック障害は、動悸や過呼吸、発汗、吐き気、めまい、頭痛などが同時に突然起こるパニック発作を繰り返し、日常生活に支障をきたす疾患です。

パニック発作が起きている時は「死んでしまうかもしれない」というほどの不安に襲われますが、救急車を呼んで検査をしても体の異常は見つかりません。

そして、またパニックが起こるかもしれないという予期不安から、逃げ場のない電車やエレベーターなどに乗れなくなったり、人混みや外出を避けるようになることがあります。これを広場恐怖といいます。

パニック障害は、周りから「気にしすぎではないか」と言われたり、パニック発作を重ねることで「またか」と思われたりしやすく、なかなか理解を得られずに一人で悩みを抱え込んでしまう人も多いです。

パニック障害カウンセリングのおすすめサービス

パニック障害は薬による治療と併せて、パニック発作が起こったときにうまく心身を落ち着かせるように不安をコントロールするリラクゼーション法や、電車や人混みなどの広場恐怖に徐々に慣れていくような認知行動療法(エクスポージャー療法など)といった心理療法をカウンセラーと一緒に行うことも効果があるとされています。

パニック障害における不安の特徴は人によって異なるため、考え方や生活環境などに合わせて対処法を考えていくことが効果的です。

カウンセリングをしていく中で、根本的な原因や考え方に気付き、広場恐怖を克服する方もいます。

周りに理解されず一人で困っている方や、自身の不安への対処について考えていきたい方は、うららか相談室のカウンセリングを活用してみてください。

【うららか相談室】オンラインカウンセリングサービス URARAKA(ウララカ)

心理カウンセリングは「話を聴いてもらう」だけではなく、悩みの具体的な原因や出来事の整理を行い、どんな行動や考え方をすればいいかをカウンセラーと一緒に探していく作業です。 
 
自分の中にある心の傷やトラウマを見つめ直し、現在抱えている悩みや問題をどう解決していくかを一つ一つ考えていくことが大切です。心理カウンセリングは、カウンセラーとの対話の中で この作業を効率的に行っていくことができます。
 
人から答えを教わるのではなくて自分で「気づく」ことが最重要で、腑に落ちない限り悩みの根本解決には至りません。プロのカウンセラーは傾聴によりクライアントを誘導しながら「気づき」を引き出すお手伝いをします。
 
臨床心理士や社会福祉士などの専門家に気軽にオンラインカウンセリングが受けられるサービスです。メッセージ形式にはお試しプランがあります。
  
【満足保証サポート】うららか相談室で初めてカウンセリングを実施された会員で、万が一カウンセラーとの相性が合わなかった際に、ご利用いただいた料金分のポイントを全額返還する制度です。会員は返還されたポイントを利用して、別のカウンセラーとのカウンセリングをご利用いただくことができます。