コミュ障(コミュニケーション不安)と劣等感の相談おすすめサービス


 コミュ障(コミュニケーション不安)とは?

一般的に広く知られているコミュ障とは、空気が読めない、会話が苦手、人見知りといった特徴を指す場合が多いです。

コミュ障の原因は、家庭環境や過去の友人関係、あるいは自身が抱える劣等コンプレックスであったりと様々です。

人見知りの原因とは?

初対面の人と上手く話せない。複数の人を前にすると何を話していいか分からない。そんな人見知りに悩む方は多いです。

人見知りとは、人への警戒心が強く距離感をとることを指します。

人と仲良くしたいのに、警戒心が邪魔してなかなかそうなれない状態です。

子どもの人見知りは、知らない人がこわいという気持ちから起こることが多いですが、大人の人見知りは、相手に嫌われたくないとかバカにされたくないという思いから起こることが多いです。

本当に自分が思っていることを話したら嫌われてしまうのではないか。否定されるのではないか。そんな思いからなかなか話をすることができず、人見知りになってしまいます。

人見知りを解消するには自分に自信をつけることが近道です。

自分に自信がつけば、相手から嫌われるかもしれないという恐怖心が和らぐので、人見知りが改善されていきます。

また、他人は意外とあなたのことを見ていませんし、それほど発言も覚えていないものです。

自分が気にしているほど、嫌われたり、バカにされる可能性は低い

…と考えると少し楽になるかもしれません。

劣等コンプレックスの原因と対策

一般的に日本で言われているコンプレックスとは、何かについて人と比べてしまって劣等感を抱く劣等コンプレックスのことを指します。

誰しも自分の容姿や性格について理想を描くものですが、他人の目を気にしすぎるようになると、自分の顔が嫌い!暗い性格が嫌い!といったように、コンプレックスになってしまいます。

実はコンプレックスの原因は容姿や性格そのものにあるわけではなく、その容姿や性格について過去に誰かに指摘されたり否定されたりして心が傷付いていることにあります。

クラスの男子にからかわれた。付き合っていた人に否定された。親や親戚から「もっと○○だったらよかったのにねぇ」と言われた…など、過去に傷ついた経験があると、それがコンプレックスと化してしまいやすいです。

たとえば「身長が低い」ことを全く気にしていない人もいれば、コンプレックスになっている人もいます。

コンプレックスを解消するには、実際に容姿や性格を治すよりは心の傷に気づいてあげて考え方を変えていくことが重要です。

人間関係がうまくいかないと感じる原因とは?

「いつも人間関係がうまくいかない」と感じる人は少なくありません。

不意なトラブルによって人間関係が悪くなったというわけではなく、人付き合いの後で頻繁にネガティブな気持ちへ陥っていると、自分に問題があるのではないか?と考える人もいるでしょう。

実際に相手から避けられていたり怒られたりしている場合には、「自分では普通にしているつもりなのに、どうして人間関係がうまくいかないのか分からない」ということもあります。

そんなことがあった度に毎回「自分に非があった」と反省するものの、また対人関係で似たような失敗を繰り返すなど、もっと根本的なところで自分に問題があると感じるかもしれません。

脳の機能的な障害とされる発達障害の自閉症スペクトラム(ASD)では、相手の発言の行間を読んだり他人に合わせて行動したりするのが難しい傾向があり、対人関係に悩みを抱える人が多く見られます。

ただし、人間関係がいつもうまくいかないからといって、必ずしも発達障害の疑いがあるかどうかは分かりません。

例えばパーソナリティ障害では、感情的ともとれる行動や極端な考え方によって、自分では気づかないうちに対人関係に支障をきたしていることも多く見られます。

その他には、大きなストレスを抱えるようになると対人関係に気を遣う余裕がなくなり、人間関係がうまくいかないと感じることもあるでしょう。

あるいは人間関係のトラウマが起因しているかもしれません。

人間関係がうまくいかない理由は人それぞれです。

相手に求めている関係性の理想が高すぎるために「うまくいかない」と感じている場合もあれば、普通にしているつもりなのに自分の言動が相手を不快にさせているという場合もあります。

相手と完全に分かり合うことは不可能ですし、人間関係がうまくいかないからといって必ず改善しなければいけないというものでもありません。

しかし「人間関係の苦手を解消したい」と感じたら、この際に自身としっかり向き合ってみることは、心を軽くすることに役立ちます。

人間関係がいつもうまくいかないと感じるのであれば、まずはその原因を考えることが大切です。

次に、その原因に基づいて行動を変えるための考え方を身につけることが必要になってくるかもしれません。

客観的な視点を持って共に解決していこうとする伴走者(カウンセラー)がいることで、自身の内面と向き合いやすくなりますから、オンラインカウンセリングを活用することはとても有効です。

コミュ障カウンセリングのおすすめサービス

コミュニケーション不安を解消するには、自分がどういったコミュニケーションを苦手としているのかについて理解しておく必要があります。

初対面の人とのコミュニケーションが苦手であれば、自分に自信をつけるなどして人見知りを治していくことになります。

空気が読めないということが多ければ「非言語コミュニケーション」…言葉を使わないコミュニケーションを鍛えていく必要があります。

会話が苦手な人は、相槌や質問を上手く取り入れたり、沈黙を気にしすぎないようにすることで改善されていきます。

コミュニケーションへの苦手意識を着実に解消したいという方は、オンラインカウンセリングを活用してみてください。

【うららか相談室】オンラインカウンセリングサービス URARAKA(ウララカ)

心理カウンセリングは「話を聴いてもらう」だけではなく、悩みの具体的な原因や出来事の整理を行い、どんな行動や考え方をすればいいかをカウンセラーと一緒に探していく作業です。 
 
自分の中にある心の傷やトラウマを見つめ直し、現在抱えている悩みや問題をどう解決していくかを一つ一つ考えていくことが大切です。心理カウンセリングは、カウンセラーとの対話の中で この作業を効率的に行っていくことができます。
 
人から答えを教わるのではなくて自分で「気づく」ことが最重要で、腑に落ちない限り悩みの根本解決には至りません。プロのカウンセラーは傾聴によりクライアントを誘導しながら「気づき」を引き出すお手伝いをします。
 
臨床心理士や社会福祉士などの専門家に気軽にオンラインカウンセリングが受けられるサービスです。メッセージ形式にはお試しプランがあります。
  
【満足保証サポート】うららか相談室で初めてカウンセリングを実施された会員で、万が一カウンセラーとの相性が合わなかった際に、ご利用いただいた料金分のポイントを全額返還する制度です。会員は返還されたポイントを利用して、別のカウンセラーとのカウンセリングをご利用いただくことができます。