ヘルパーができないことを埋める家事代行サービスおすすめランキング


ヘルパーができないことを埋める家事代行サービスおすすめランキング

ヘルパーができないこと

カジタク【安心のイオングループ 】

イオングループが運営する仕上がり満足保証付き 家事代行サービスです。サービス後、仕上がりにご満足いただけない場合は無償でもう一度サービスさせていただきます(サービスの利用規約、補償規定に従ってのご対応です)
 
・見積もり訪問なし。わかりやすい一律料金 ・整理収納資格を持ったプロが対応 ・会社独自の研修を受けたプロが訪問 ・自社研修施設完備し、独自の研修プログラムを実施 

CrowdCare(クラウドケア)訪問介護・家事・生活支援

クラウドケアは2,500円から利用できる自費の訪問介護・家事・生活支援サービスです。ネットの活用により 従来の介護保険外 (自費) の訪問介護サービスより低価格で利用できます。
 
介護保険では対応できないサービスや時間でも 要望に応じて柔軟に対応可能(通院・外出の付き添い、長時間の見守りなど)

ミニメイド・サービス【家事代行・家政婦サービス】

各研修により養成した家事のスペシャリスト集団 
同じスタッフがお伺いし(定期サービス)お客様のご要望や理想を理解することでサービスの向上に繋げます。
 
家事に関するさまざまなニーズにお応えいたします。掃除(キッチン・バス・トイレ・リビング・廊下・玄関・お庭等)片付け、洗濯、窓清掃、アイロンがけ、料理、買い物、ペットのお世話、宅配受け渡し等。なんなりとご相談ください。

【くらしのマーケット】暮らしのサービスをオンラインで予約

ハウスクリーニングや家事代行、不用品回収、引越しなどの暮らしのサービスを利用したユーザーの口コミ、満足度や具体的なサービス料金で簡単・便利に徹底比較してから選べます。
 
訪問エリアで店舗を絞り込んでから、料金が安い順、口コミの評価順などで比べることができるので、サービス選びに失敗しません。

ヘルパーにできないことは多い!「介護保険使えない」と言われる理由

ヘルパーができないこと

自分の住まいで身体や生活の介助をしてもらう訪問介護をホームヘルプといいます。ホームヘルプを行う人がホームヘルパーです。

ホームヘルプは介護保険を使えば、ホームヘルパーが要介護者の自宅や施設を訪問し、必要なサービスを提供してくれます。

ただし介護保険のヘルパーができることは 原則としてケアマネージャーが作成したケアプランに記載されているサービスのみです。

ヘルパーが利用者さんの身体に触れて行う介助のなかには、入浴・排泄・食事など 日常生活において必要な動作を介助する内容が含まれています。

ヘルパー=家政婦…のように考えている方がかなり多いですが、これは間違いです。介護保険を適用したヘルパーを利用できる内容はほんのわずかです。

介護保険のヘルパーを実際に利用してみると

こんな簡単なことも頼めないの?ついでなんだから このくらいのこと、やってくれればいいのに!

…と思う方が多く、そういった事から介護ハラスメント(介護の現場で起こる、利用者や家族による介護職員へのハラスメント。罵倒や誹謗中傷などの嫌がらせ)が頻発しています。

介護ハラスメントはヘルパーを家政婦と勘違いしている利用者とその家族に多く見られます。

ただでさえ人手不足の介護分野から介護職員が去っていくのは仕事がきついだけではありません。この介護ハラスメントのつらさも大きな原因の一つとなっています。

【前提1】ヘルパーは医療行為ができない。できるのは利用者の身体介護のみ

ヘルパーができないこと

重要な大前提として、ヘルパーは医療ケアに関する業務は一切行えません。

医師・看護師以外の者が医療行為を行うことを禁止されていますので、これらを踏まえて身体介護でできることを厳選してやっていくこととなります。

ホームヘルパーは 利用者さんの入浴やトイレへの誘導・排泄の介助、おむつの交換をはじめ、食事や歩行、衣類の脱着の介助をします。

入浴は全身浴以外に部分浴や清拭のサポート。爪切り、口腔ケアなどもお手伝いできます。洗面や整髪の介助はできますが、散髪はできません。

身体介護で
できること
移動介助・移乗介助
食事介助・食事の見守り
入浴介助・部分浴・清拭
トイレ誘導・排泄介助
更衣介助・洗面介助・整髪介助
身体介護でできないこと散髪
自家用車を運転しての移動
受診待ち時間がある通院付き添い

【前提2】ヘルパーはケアプラン外のことはできない!生活援助は利用者の分のみ

ヘルパーができないこと

「直接本人の援助」に該当しない行為は、介護保険給付の対象外。利用者の日常生活の援助に該当しない行為は、介護保険給付の対象外。

ヘルパーができることは「ケアプラン」で決められたことのみで、頼めばすべてをやってもらえるわけではありません。

どこまで介助が必要なのかは利用者さんごとに違うわけですから、要望がある場合はケアマネージャーに伝えて ケアプランの見直しをお願いしてみることをおすすめします。

ホームヘルパーは生活援助として食事の準備・衣類の洗濯・掃除や整理整頓、生活必需品の買い物、薬の受け取りなどを行います。

生活援助は同居人が家事をできる状態であればできません。

また「家族の分までご飯を作って」など、利用者さん本人の援助に該当しないサービスや 日常生活の範疇から外れる行為は行うことができないことになっています。

生活援助で
できること
食事の準備・調理・配膳・片付け・テーブルふき
洗濯(干す・取り入れる・たたむ・収納する)・アイロンがけ
裁縫(ボタン付けなど)
居間・寝室・台所の簡易な掃除(掃除機・床ぶきなど)
トイレ・風呂・洗面所の簡易な掃除
買い物(日常生活に最低限必要なものを生活圏内の近隣で購入)
生活援助でできないこと利用者以外のための調理・洗濯・買い物・布団干し
利用者が使用する居室以外の掃除
ガラスふき・ワックスがけ・引越しの手伝い
来客の応接
花木の手入れや剪定・ペットの世話・洗車
遠方での買い物・嗜好品の買い物
ケアプランに含まれてない散歩

ホームヘルパーは買い物代行はできるが買い物同行はできない!

ヘルパーができないこと

ヘルパーは利用者さんの買い物の代行はできますが、買い物の同行はできません。

買い物の代行は、ヘルパーは利用者さんのための食材や日用品などの日常最低限の買い物はできますが、嗜好品(酒・たばこなど)の買い物はできません。

利用者さんにとっては

買い物に行くんだから、ついでに買ってきてほしいんだけど…。

…と頼みたいところですが、日常最低限の買い出し以外は やんわりとお断りされます。

「仏壇に供えるお花を買ってきて」「来客用のお菓子を買ってきて」なども原則としてはNGとされています。ご不明な点は担当のケアマネージャーに 尋ねてみてください。

こうしてみると、確かに公的なヘルパー制度はありがたい存在ではあるものの、かゆいところにはなかなか手が届かないことが分かると思います。

介護認定の下りた家族が同居していて「もう少し手伝ってもらいたいことがあるんだけど」と思っている場合は、介護保険のヘルパーにできないことを埋めてくれる民間の家事代行サービスを利用するのがおすすめです。

カジタク【安心のイオングループ 】

イオングループが運営する仕上がり満足保証付き 家事代行サービスです。サービス後、仕上がりにご満足いただけない場合は無償でもう一度サービスさせていただきます(サービスの利用規約、補償規定に従ってのご対応です)
 
・見積もり訪問なし。わかりやすい一律料金 ・整理収納資格を持ったプロが対応 ・会社独自の研修を受けたプロが訪問 ・自社研修施設完備し、独自の研修プログラムを実施 

CrowdCare(クラウドケア)訪問介護・家事・生活支援

クラウドケアは2,500円から利用できる自費の訪問介護・家事・生活支援サービスです。ネットの活用により 従来の介護保険外 (自費) の訪問介護サービスより低価格で利用できます。
 
介護保険では対応できないサービスや時間でも 要望に応じて柔軟に対応可能(通院・外出の付き添い、長時間の見守りなど)

ミニメイド・サービス【家事代行・家政婦サービス】

各研修により養成した家事のスペシャリスト集団 
同じスタッフがお伺いし(定期サービス)お客様のご要望や理想を理解することでサービスの向上に繋げます。
 
家事に関するさまざまなニーズにお応えいたします。掃除(キッチン・バス・トイレ・リビング・廊下・玄関・お庭等)片付け、洗濯、窓清掃、アイロンがけ、料理、買い物、ペットのお世話、宅配受け渡し等。なんなりとご相談ください。

【くらしのマーケット】暮らしのサービスをオンラインで予約

ハウスクリーニングや家事代行、不用品回収、引越しなどの暮らしのサービスを利用したユーザーの口コミ、満足度や具体的なサービス料金で簡単・便利に徹底比較してから選べます。
 
訪問エリアで店舗を絞り込んでから、料金が安い順、口コミの評価順などで比べることができるので、サービス選びに失敗しません。