みんなの体験談現場のプロの話介護と認知症生活トラブル

妻に先立たれたゴミ屋敷のセルフネグレクト夫がサ高住に入居した事例

【監修者】
オレンジ@終活ガイド

生前整理という名の断捨離にいそしみつつアラカンでの熟年離婚を画策中のおひとりさま予備軍女性がこのブログの中の人です。終活に活かすため終活ガイド1級とホームヘルパー2級を取得しています。
 
ここでは人生100年時代に備えた終活と生活のヒント、怖いけど知っておいた方がいい話、トラブル回避のハウツーなどを「事実は小説より奇なり」みんなの体験談を元に紹介していきます。

妻に先立たれたゴミ屋敷のセルフネグレクト夫がサ高住に入居した事例

ゴミ屋敷セルフネグレクト

これはゴミ屋敷でセルフネグレクトだった高齢者が福祉支援と生活改善により 清潔な家で外出もできるようなったお話です。

登場する人物
Aさん:80代男性、ゴミ屋敷住民
Bさん:70代女性、Aさんの近所の人で相談窓口に来た人
Cさん:60代男性、ボランティア
Dさん:30代男性、社会福祉士
Eさん:60代女性、民生委員
私:30代男性、相談窓口担当(社会福祉士)

一人暮らし老人宅の異臭の通報でセルフネグレクトとゴミ屋敷発覚

ゴミ屋敷セルフネグレクト

近隣住民のBさん(70代女性)から

近所の家から異臭がする。数年前に奥さんが亡くなって、ご主人ひとり暮らしのようだけど 最近顔を見なくなった。万が一のことがあったら…と思って相談しに来たんだけど。

…という旨の相談があり、私はすぐにその地域を担当する社会福祉士のDさん(30代男性)に連絡しました。

そしてDさんの呼びかけで、Dさんと私、民生委員のEさん(60代女性)の3人で一緒にAさん(80代男性)のお宅を訪問したのです。

Aさんのお宅の庭は荒れ果てており、家も今にも崩れ落ちてきそうな状態でした。インターフォンを押してみるもそれ自体が故障しているようで鳴りません。

どうしようかと3人で顔を見合わせていましたが このまま放置しておくわけにもいかず、伸び切ったボーボーの草をかき分けながら玄関から家の中に呼びかけたところ、よろよろとAさんが出てきました。

玄関を開けると家の中は完全なゴミ屋敷状態で、相当な異臭がしました。Aさんに事情を聴くと

家事を完全に妻に任せていたので自分は何もできない。妻に先立たれて、最初は自分なりに家事をしていったのだが、だんだん片づけられなくなり、最後はこうなってしまった。

Aさんは外出はほとんどせず、食べるものは宅配や遠方の娘から送ってもらっているとのこと。入浴も身体が痛み、思うようにできないといった問題もありました。

そこでこの状況をまずは地域包括支援センターに連絡したうえで、「家を片づけること」「福祉サービスを利用してセルフネグレクトを脱却すること」といったことを目標にした Aさん支援チームが組まれました。

ボランティアの「おかたづけチーム」結成でゴミ屋敷片付け

ゴミ屋敷セルフネグレクト

まずはゴミ屋敷状態を解決するために、社会福祉士のDさんが呼びかけて「お片付けチーム」を組むことになりました。その中で中心になってくれたのがボランティアのCさん(60代男性)でした。

Cさんは清掃会社で働いていた経験があり、片付けのボランティアを快諾してくれ、数日がかりでゴミ屋敷状態のAさんの家を片づけました。

さらにDさんがAさんの入浴介助をして 身体も清潔にしてもらいました。Aさんは

こんなにきれいにしてくれてありがたい。もうこのまま死ぬと思っていた。

…おっしゃっていたそうです。

介護認定を受けてサービス付き高齢者向け住宅に入居

サ 高 住 老人 ホーム 違い

さらにAさんには介護認定調査を受けていただき、結果は「要介護2」の判定がつきました。

地域包括支援センターからはデイサービスとホームヘルパーを利用することを勧められ、Aさんも

出かける先がある方がいい。また、家事も助けてもらえるのはありがたい。

…と喜んで納得していただきました。

一方、Aさんの家はバリアフリーとは程遠い段差だらけの家で 身体が衰えたAさんが日常生活を送るにはかなり大変でした。

Aさん自身もひとり暮らしに不安がある様子だったので、比較的安価なサービス付き高齢者向け住宅(サ高住)へ転居することになりました。

社会福祉士や地域包括支援センターなどといった専門職・専門機関はもとより、民生委員やボランティア、近所の人などの力が合わさって、Aさんは清潔な住居に住み、デイサービスで楽しく過ごせるようになりました。

サ高住(サービス付き高齢者向け住宅)と老人ホームの違いは?

サ 高 住 老人 ホーム 違い

サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)は、主に要介護度が高くない高齢者を対象にしたバリアフリー住宅です。一般の住宅と変わらないような自由度の高い生活ができ、なおかつ安否確認や生活相談などのサービスが受けられます。建築時に補助金も出ることから、昨今サ高住の施設数は増加傾向にあり、入居に際して「入居待ち」になるケースもほとんどありません。

一方で有料老人ホームは、自立した生活が可能な高齢者から介護度の高い高齢者まで、幅広い方を対象にした民間の高齢者住宅・介護施設です。入居した高齢者が心身ともに健康に生活できるよう、食事や介護、健康管理などのサービスが提供されます。

サービス付き高齢者向け住宅は、基本的に住宅単体では介護サービスが付いていません。そのため、お元気なかたのみを対象としたサ高住もあり、これらのサ高住では本格的な介護が必要になった場合は住み替える必要が出てしまいます。

一方で、サ高住に訪問介護などの在宅介護サービスを併設した介護対応が可能なサ高住もあります。また、厚生労働省が定める「特定施設」に指定されているサ高住もあり、これは介護付き有料老人ホーム同様の介護サービスを受けられます。どちらも多くは介護職員が24時間常駐し、必要に応じて介護サービスを受けることが出来ます。

「サービス付き高齢者向け住宅」の「サービス」とは、安否確認と生活相談のサービスのことを指します。サ高住はこれらサービスの提供を義務付けられた施設です。介護や看護、医療の資格を有する職員が日中に常駐し、それらのサービスを提供します。

一方で食事の提供や生活支援、夜間の見守りといったサービスは、サ高住では任意のサービスです。これらのサービスは施設によっては提供されない場合もあるので、サービス内容の詳細は事前によく確認しておくことをおすすめします。
引用元:学研ココファン

サ 高 住 老人 ホーム 違い

サ 高 住 老人 ホーム 違い

介護施設を探すなら【きらケア老人ホーム】

「きらケア老人ホーム」は介護士の紹介、派遣も手がけるきらケアが運営する首都圏特化型の老人ホーム紹介サービスです。
首都圏の全6000件以上の有料老人ホーム、グループホーム、サービス付き高齢者向け住宅へのご入居をサポートしています。

シニアのあんしん相談室

『シニアのあんしん相談室‐老人ホーム案内‐』は、全国4,000施設の老人ホーム・介護施設の紹介をしている相談窓口です。
無料の資料請求や見学予約など老人ホーム・介護施設へのご入居を検討している方のサポートを行っています。

【関連記事】

タグ

体験談 不用品買取 Books エンディングノート 老後の財産管理 終活 介護 生活トラブル おひとりさま 争族 遺品整理体験談 メンタル 相続放棄 絶縁 孤独死 ゴミ屋敷 供養 遺品整理 認知症 エンディングノートの書き方 没イチ 終末期 心理学 弁護士 ノートおすすめ お墓 セルフネグレクト 医療 老人施設 ブランド品買取 福祉課 実家の相続 葬儀 介護保険 無縁社会 看取り 空き家・空き地 ひきこもり 死生観 負動産 特殊清掃 墓守り デジタル終活 遺品整理業者 ゴミ屋敷清掃 デジタル遺品 手元供養 生前整理 相続地獄 事故物件 ソーシャルワーカー 損害賠償 警察 ペット終活 地域包括支援センター 成年後見人 遺言書 孤立死 事件 在宅医療 救急車 8050問題 見守りカメラのすすめ ゴミトラブル 口座凍結 遺品整理業者トラブル 着物買取 延命治療 お焚き上げ バイセル リビングウイル 仕事 音楽系買取 手元供養カビ 墓じまい 借金 発達障害 司法書士 特定空き家 生活保護 公正証書 毒親 昭和クロニクル 相続税 行政書士 限界家族 sns 福ちゃん 車両系買取 フリマアプリ 一身専属 PCソフト ノンフィクション ザ ゴールド スピリチュアル 保証人 形見分け ペット信託 サイコパス mci 海洋散骨 大島てる 死後離婚 孤高死 家じまい 哲学 みまもりキューブ 遠距離介護 失踪 限定承認 コメ兵 離婚 ワンオペ 親のエンディングノート ソウルジュエリー アルコール依存症 人生会議 健康 送骨 相続人調査 自死 騒音トラブル 2025年問題 骨董品買取 遺留分 ためこみ症 自己破産 冤罪事件 ドキュメンタリー 2022問題 ハンコ代 行政代執行 多重介護 ミッシングワーカー 買取プレミアム ブランディア ネグレクト 債務整理 7040問題 奨学金 ペット葬儀